噛み合わせ・顎関節症

こんな症状はありませんか?

こんな症状はありませんか?

☑顎を動かしにくく、口を大きく開けられない
☑口を開け閉めするとき、カクンと音がする
☑口を開けると、顎や耳の穴の近くの関節が痛む
☑食べものがしっかり噛めず、顎の周辺やこめかみが痛む
☑頭痛、めまい、耳鳴り、手足のしびれがある

悪い噛み合わせが顎関節症の原因

虫歯の治療で被せた金属が原因で噛み合わせが悪くなり、顎関節症になる場合があります。また、虫歯や親知らずがあって、きちんと噛むことができず、痛くない方の歯で無理に噛んで悪い噛み癖がつくと、顎関節症になりやすくなります。正しい噛み合わせの矯正治療を行うことが必要です。

噛み合わせが悪いとどうなる?

不自然な噛み合わせは、偏頭痛や肩こり・首の痛みも引き起こします。
顎の周りの筋肉が緊張し、血行を悪くするために起こる事が主です。
噛み合わせを治療された方で、耳鳴りや不眠症、生理痛や生理不順などの病気が治った。イライラしなくなったなど多くの方が改善され、驚かれるようです。

噛み合わせズレを確かめる「簡単な自己診断方法」

様々なパターンがありますが、ご自身で判断しやすいものを挙げると

☑奥歯で噛んだ時に、前歯が空いている
☑口を開けた時に顎が鳴る
☑歯ぎしり・歯をくいしばる事が多い
☑食事中に頬を噛んでしまう
☑前歯の上下の歯が、真ん中で一致しない
☑顎が疲れやすい

このような方は一度ご相談ください。
まずはお気軽にお電話ください 電話番号 0725-56-6075 メールフォームはこちらから
矯正歯科 インプラント 審美歯科・ホワイトニング 噛み合わせ・顎関節症 予防歯科・歯周病治療 歯科用CT 訪問診療 医院紹介・アクセス 設備紹介 矯正歯科 医院ブログ 患者様の声 インスタグラム 各種クレジットカード AED設置施設